トップ > 病院の概要 > 病院理念/基本方針/役割/使命/実践目標

病院理念


地域のみなさまが、安心して受診できる「心の通った医療」を提供し、健康と福祉の向上に貢献する。


基本方針

 1.一人ひとりのみなさんに、わかりやすい親切な医療を、権利と尊厳を重んじて、安全に医療を提供します。
 2.チーム医療を推進し、多くの人々が、よりよい医療に接することができる「機会」と「場」を提供し、また、医療への自己決定ができるようにサポートします。
 3.地域住民の健康と疾病予防、また高齢化社会に向けて、医療と福祉に貢献します。
 4.医療における連携に心がけ、第一線の診療所との連携を密に保ち、高度専門医療機関との連携を行い、より良い医療を提供することに心がけます。
 5.職員の能力向上と人材育成に努めます。
 6.病院経営の健全化に努めます。

当院の役割

 1.病院を開設し、運営すること
 2.成人病予防母子衛生等に関する施設の設置運営
 3.海外派遣、研究室派遣その他病院内研究施設の充実等による医療従事者の育成
 4.諸々の医療関連部門における機関との共同による研究活動
 5.訪問看護事業(野洲地域在宅医療支援センター)
 6.居宅介護支援事業(野洲地域在宅医療支援センター)
 7.生活困窮者のために無料、又は、低額な料金で診療を行う事業(医療相談業務)
 8.その他前項の目的を達成するため必要と認める事業


当院のキャッチフレーズ「一人ひとりのハートにTOUCH」

 病院のロゴでもありキャッチフレーズでもあるこの言葉には、「患者様一人ひとりに対して思いやりある医療を!」ということ、そしてもう一つ、「当院の職員一人ひとりのハートにもタッチしたい」という意味がこめられています。
 職員一人一人が「野洲病院が好き!」「野洲病院で働いている自分が好き!」と思って働いていただくことが、当院の願いでもあり目標でもあります。
 当院は、公的病院や大学病院のような高度医療機関ではありませんが、地域の中で、「遠くに行かなくても地元の病院でみてもらった。」「地元の病院で手術してもらった。」「いつでもみてもらえるところや。」と言っていただける患者さまの声に応えていきたいと思っています。

病院の概要 / 患者様へ / 診療科のご案内 / 施設案内 / トピックス / お問い合わせ