トップ > 診療科のご案内 > 麻酔科

麻酔科

概要

スタッフ
手術の麻酔
ペインクリニック

●概要●

当院麻酔科は常勤医師1名と大学からの非常勤医師1名で運営しております。
日本麻酔科学会認定病院です。手術の麻酔とペインクリニックをしております。

 麻酔科イメージ1  麻酔科イメージ2

●スタッフ●

部長
津田 詠子
(つだ ながこ)
日本麻酔科学会指導医
NCPR専門コース修了
PALSプロバイダー
ACLSプロバイダー
日本医師会医療安全推進者養成講座終了
日本麻酔科学会
日本ペインクリニック学会
日本化学療法学会

●手術の麻酔●

不安も多い周術期を少しでも快適にしていただくためにできるだけのことをさせていただきたいと考えています。

どうぞ心配なこと・疑問に思っていることは何なりとお伝えください。

術前外来

手術が決まりましたら担当医の方が麻酔科術前外来の予約をさせていただきます。内容は術前検査結果の説明、麻酔の説明と同意です。お薬手帳をお持ちください。

術後

手術後の痛みを抑えることは早い回復、合併症の低下につながります。

開腹手術では硬膜外自己鎮痛法を併用し早期の離床を目指しております。
また、その他の手術でも手術に応じた鎮痛法を用意していますので、術前外来の時にお伝えします。

幼児の保護者同伴入室

就学前のお子様が手術を受けられる時は保護者の方に手術室まで一緒に入っていただく場合がございます。保護者の方が一緒だとお子様が落ち着かれスムーズな麻酔導入が可能だからです。必要時は術前外来の時にお伝えします。

帝王切開の際のご主人立会い

帝王切開の際お母様と同様にお父様にも出産の喜びを分かち合っていただくために希望されるご主人には立ちあっていただいております。

※診療上の理由により、緊急帝王切開以外にてご主人の立ち合いが可能です。


●ペインクリニック●

ペインクリニックでは、神経ブロック療法や薬物療法などの様々な方法を用いて、痛みを緩和するための治療を行っています。痛みの治療にあたっては、専門的な知識と技術をもとに、症状や身体所見から痛みの原因を診断し、適切な検査や治療を行います。
 ペインクリニック

○当院ペインクリニック(完全予約制)にて治療している主な病気

・帯状疱疹後神経痛 
・脳卒中後の痛み
・脊椎疾患に伴う痛み
・重度のワキの多汗症
症状例)
・常にタオルを持ち歩いたり、一日に何度も制汗剤を塗ったり、シャツを着替えたりする。
・緊張すると、汗が出はじめ、意識するともっと出る。・・・等
この様な重度のワキの多汗症は、ペインクリニックの「ボツリヌス療法」で治療ができます。
・その他

ペインクリニックによる診療は、お電話でご予約の上お越しください
電話 077-587-1332 (病院代表)


病院の概要 / 患者様へ / 診療科のご案内 / 施設案内 / トピックス / お問い合わせ