トップ > 診療科のご案内 > 嚥下外来
嚥下外来


嚥下外来 をご存知ですか?
@言語聴覚士による初期評価
A嚥下内視鏡検査(VE)
B嚥下造影検査(VF)


 
嚥下外来をご存知ですか? 
嚥下障害とは、病気や体の衰え(老化など)により食べたり飲み込んだりすることが難しくなった状態のことです。
これにより「食事でむせる」「飲み込みにくい」「痩せてきた」などの症状が出現し、ひどくなると食べ物が気管に入って窒息や(誤嚥性)肺炎など生命に危険が及ぶことになる場合があります。
当院の嚥下外来(リハビリテーション科・耳鼻咽喉科・内科の各科医師と専門の言語聴覚士で構成)では、内視鏡検査やX線造影検査などの検査にて嚥下機能を評価し、安全な食事や栄養摂取スタイルが確立できるように摂食嚥下リハビリテーションを実施しています。嚥下障害の評価には以下のような方法があります。
 嚥下外来嚥下外来





 @言語聴覚士による初期評価(唾液嚥下テスト、水のみテスト等)
 唾液や水を何度か飲み込んでもらい嚥下機能を評価します。



 
 A嚥下内視鏡検査(VE)
:耳鼻咽喉科医師による
 鼻から内視鏡を挿入し、のどの中の飲み込む動作を直接映像で確認し、飲み込みの
 状態を検査するものです。この検査は以下のような利点があります。
@ 手軽に繰り返し行うことができる。
A 実際の食物(様々な形態の)の摂取状態が評価できる。
B のど(咽喉頭)の粘膜や組織の詳細な評価ができる。
 嚥下内視鏡検査の様子 写真


 
 B嚥下造影検査(VF)
:内科医師による
 X線透視下で造影剤を含んだ模擬食品を食べた時の飲み込みの状態を評価する検査
 です。この検査は以下のような利点があります。
 
@ 口腔から食道部まで観察できる。
A VEでは観察できない嚥下の瞬間や食道入口部の状態が評価できる。
B わずかな誤嚥の有無もよくわかる。
C 治療法の指針(食形態や体位の工夫など)を得るために
有用である。
 嚥下造影検査の様子 写真

以上の方法で嚥下機能の問題点を評価した後、医師の指示のもとで専門の言語聴覚士によって個々の症例に応じた摂食嚥下機能訓練(リハビリテーション)を行っています。



【診療の流れ】
受診するためには、かかりつけ医の紹介状と事前予約が必要です。リハビリテーション科(言語聴覚士による嚥下機能評価)、耳鼻咽喉科、内科の診察を受けていただき、詳細な検査の日程を調整させて頂きます。
【お問い合わせ】077−587-1332 【代表】 
嚥下についてお悩みの方はまずは当院の受付へ御相談下さい。「嚥下外来」についてとお伝えください。
 お問い合わせ



病院の概要 / 患者様へ / 診療科のご案内 / 施設案内 / トピックス / お問い合わせ