トップ > 診療科のご案内 > 内科 もの忘れ外来
   
   
  内科 もの忘れ外来

●スタッフ●

内科
もの忘れ外来
非常勤
本城 靖之
日本神経学会/指導医・専門医
日本認知症学会/指導医・専門医
日本内科学会/認定医

専門分野:
神経内科、認知症

●概要●

 近年、日本では急激な高齢化に伴い認知症患者さんの数が爆発的に増えて、大きな社会問題になっております。日本の65歳以上では、約15%が認知症状態であり、家族に認知症の人がいることがまれではありません。認知症になってしまうには様々な原因があり、中には治療により急激に改善する認知症もあります。認知症かもしれない、と思ったら遠慮なく当院の“物忘れ外来”を早めに御予約してください。紹介状は無くても予約可能ですが、お薬を飲んでいる場合は、お薬手帳を持参して下さい。また本人様が受診を拒む場合は、脳卒中の検査の受診と伝えても良いと思います。なぜなら脳卒中による認知症もあるからです。さらに、認知症患者さんの介護負担が重荷となっている家族様も多く見られます。放置していたら認知症が進行して、家族様のご負担が増すばかりとなりかねません。当院では、認知症周辺症状による夜間の不穏、不眠、暴言、幻覚・妄想、無気力などに対しても、薬物療法や非薬物療法による治療と介護保険の利用などで家族様の介護負担を軽減することが可能です。また認知症で金銭管理できない場合の後見人制度の利用についても対応しております。当院の“物忘れ外来”を受診された場合は頭部MRI,採血などにより、まず認知症なのか?どの程度の認知症なのか?認知症の原因は何か?治療と介護をどうしたらよいのか?などを御指導致します。
 私は患者さんと家族様に寄り添う親身な診療を心がけておりますので、認知症の治療だけではなく認知症に伴うあらゆる家庭内の問題についても御一緒に解決したいと思っております。
担当:
 本城 靖之

 
 
 もの忘れ外来

毎週 月(午後)・火・木
完全予約制

予約受付 077-587-1332


※「もの忘れ外来の予約」とお伝えください。
※他病院へ通院されている場合は現在までの治療の情報が必要ですので紹介状を持参して下さい。
※既に処方されている内服薬の情報が必要ですのでお薬手帳があれば持参して下さい。


もの忘れ外来 
 
病院の概要 / 患者様へ / 診療科のご案内 / 施設案内 / トピックス / お問い合わせ