トップ > 診療科のご案内 > リハビリテーション課 > 回復期リハビリテーション病棟


●スタッフ●
回復期
リハビリテーション
医長
吉川 治雄
京都府立医科大学 日本内科学会認定医
日本神経学会専門医 
  副医長
金城 龍太
帝京大学 (編集中)

 当院では、平成13年9月に滋賀県下で初の認可を受け運用を開始いたしました。
患者様・ご家族様に寄り添いながら、入院中のリハビリテーション治療を支え、退院後もより良い在宅生活を送っていただけるよう、支援させていただいております。


回復期リハビリテーション病棟とは
  脳血管疾患・大腿骨頚部骨折などの患者様に対し、「寝たきりの防止」と「家庭復帰」を目的とした、集中的なリハビリテーションを行う病棟です。
当院の回復期リハビリテーション病棟では、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー等の他職種が連携して、患者様の日常生活を送っていただけるように、退院後の生活支援にも積極的に取り組んでいます。

当院回復期リハビリテーション病棟の特徴
チームアプローチの実践
  毎日のカンファレンス、病棟・病室内での日常生活動作練習など他職種が連携し、患者様の一日も早い在宅復帰・社会復帰を目指します。

患者家族参加型看護の実践
  入院生活上、問題となる事を患者様・ご家族様に参加していただき、計画の立案から問題の解決まで一緒に行っています。在宅生活を視野に入れ、在宅で問題となる事を一緒に抽出し解決していきます。

365日、年中無休でリハビリテーションを提供
  理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリテーションを土・日・祝日を問わず365日提供します。

退院前訪問指導・退院前カンファレンスを積極的に実施
  ご自宅を訪問し、患者様に合わせた移動方法の確認や手すりの設置など具体的に提案させていただきます。また、退院後、地域で安心して在宅生活を送っていただけるように、ケアマネジャー・介護保険事業所等と積極的に話し合いを行なっています。

施設基準
  回復期リハビリテーション病棟入院料2
(休日リハビリテーション提供体制加算)
入院の対象となる方


脳血管疾患(脳出血・脳梗塞等)、脊髄損傷の発症または手術後2ヶ月以内
大腿骨、骨盤、脊椎等の骨折の発症または手術後2ヶ月以内
外科手術、肺炎等の治療時の安静による廃用症候群*。発症後または手術後2ヶ月以内

廃用症候群とは・・・
  身体の安静が長く続くことにより起こる心身の様々な低下症状の事です。
 
上記の疾患等があり、入院し集中的にリハビリテーションを行われることにより回復・在宅復帰の可能性がある方
職員の構成


入院から退院までの流れ

入院
          
リハビリテーション
日常生活動作練習 開始
          
1ヶ月毎にリハビリの成果と
方向性の確認
          
退院に向けての準備
          
退院




患者様の1日のスケジュール





実績
  平成22年度(平成22年4月1日〜平成23年3月31日)の実績は以下の通りです。





入院までの手続き
現在入院中の主治医又は医療ソーシャルワーカーとご相談の上、お申し込み下さい。
ご相談頂いてから入院のご案内までに時間を要すこともございます。
入院相談・病院見学については随時お受けしています。お気軽にまずは電話でお問合せ下さい。

 
お問合せ先/医療相談室 TEL:077‐587‐1332(代表)



リハビリ課
一般病棟
訪問

病院の概要 / 患者様へ / 診療科のご案内 / 施設案内 / トピックス / お問い合わせ