トップ > 診療科のご案内 > 小児科

診療科

●スタッフ●

医員 平野 有加 日本小児科学会小児科専門医
PALSプロバイダー
NCPR専門コース修了
所属学会:
日本小児科学会
日本小児アレルギー学会
日本小児神経学会
専門領域:
小児科全般
非常勤  田川 晃司 日本小児科学会小児科専門医 所属学会:
日本小児科学会
専門領域:
小児内分泌、
代謝
※NCPR:新生児蘇生法
※PALS:小児二次救命処置法
※VPD:ワクチンで防げる病気

●概要●
 当該小児科は、主に湖南地域の小児科診療に携わっている開業医や病院と連携しながら子どもの診療にあたっています。さらに、滋賀医科大学付属病院小児科と連携しており、専門医を招いて小児循環器外来を行っています。
 一般外来は月曜日から金曜日の午前中に行っています。外来での診察結果により詳しい検査や入院加療が望ましいと判断された場合は、連携している各病院へ紹介させて頂きます。
 また、慢性疾患など長期管理が必要な場合は、火曜日午後の予約外来(予約制)で診療しています。循環器疾患は小児循環器専門外来で診察を行いますが、その他、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどアレルギー疾患、成長ホルモン分泌不全性低身長症、思春期早発症などの内分泌疾患、夜尿症、起立性調節障害などの診療を行っています。
 予防接種は月曜、木曜の午後に、予約制で実施しています。接種率の向上、早期の抗体獲得の点から、同時接種を積極的に行っています。また、早産児、先天性心疾患や呼吸器疾患等のある乳幼児を対象として、RSウイルス発症予防のためのパリビズマブ接種も行っています。
 小さいお子さんは、成長する過程でたくさんの病気にかかります。それは成長の一部でもあり、自然に治っていくことが多いため、まずは病院での治療とともに、自宅での適切なケアの方法を詳しく説明しています。また、経過によってはお子さんへの負担、必要性を考慮した上で、検査を行い、できるだけ正確な病状把握を心がけています。さらに、自宅での治療が難しい場合、より詳しい検査が必要となる場合については、適切なタイミングで専門医療機関にご紹介できるよう、連携をはかっています。
 


病院の概要 / 患者様へ / 診療科のご案内 / 施設案内 / トピックス / お問い合わせ