トップ > 診療科のご案内 > 人工透析
人工透析

概要、透析曜日・時間
スタッフ
臨時透析について
1)患者様参画型災害訓練
2)透析中のフットケア
3)透析中の運動療法
4)透析機器と治療について
その他の治療
透析食について、透析件数

●概要●

 透析室は、ベッド数22床(個室1床)、収容定員80名です。慢性腎不全により維持透析を必要とする患者様に対して、血液透析を実施しております。
 当院で透析医療を受けておられる患者様について、万が一入院加療が必要な状態になられた場合でも、スムーズに当院での入院手続きを図らせて頂いております。

透析曜日・時間
透析日: 月曜日~土曜日
※祝日も行っています。
昼の部: 9:00~15:00
夜の部: 16:00~23:00
 時間  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
 昼の部  ○  ○  ○  ○  ○  ○
 夜の部  ○  ○  ○  ○  ○  ○

●スタッフ●

 透析室スタッフは、様々な職種で構成され各種の専門職がそれぞれの特技を生かして業務を分担しています。特にフットケアには力を入れ、糖尿病療養指導士の活躍のもと糖尿病合併管理料を取得しています。
 また、患者様が自己実現を目指す活動を行うことを目標に、治療を円滑に継続できるように、必要時には援助を行い、患者さまのセルフケアを支援しています。
透析科医師:
透析科 副院長
内原 啓次
日本消化器学会認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
  非常勤
中村 智宏
日本胸部外科学会認定医
  非常勤
川上 享弘
日本透析医学会
日本腹膜透析医学会
日本泌尿器科学会
  非常勤
陳 文
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会
日本内分泌学会
日本透析学会
  非常勤
村田 幸一郎
(編集中)
  非常勤
藤井 陽一
(編集中)

透析室看護師:

  • 透析療法指導師 1名
  • 透析技術認定士 2名
  • フット研修認定 2名
各専門分野を講習し受講した透析スタッフが在籍しております。


臨時透析について

  臨時透析1     臨時透析2

 当院では、旅行や出張などで野洲市にお越しになられた透析患者様の臨時透析をお受けしております。臨時透析のお申込みや詳細に関しましては、透析室までお問い合わせください。
お問い合わせ・連絡先:
TEL 077-587-1332 野洲病院(代表)
※病院代表に繋がります。透析室への転送をお伝えください。

受付時間: 9時~17時 (土・日・祝日を除く)



1)患者様参画型災害訓練

 透析中の災害を想定した訓練を患者様と共に毎年行っております。
 災害訓練を継続することで、スタッフと患者様の災害医療の能力が高まり「災害に強い透析室」を作っていきたいと考えております。
災害訓練1 災害訓練2
 
災害訓練フロー 

2)透析中のフットケア

 透析室では末梢循環不全の早期発見のために、定期的にフットチェックをしています。月平均20回のフットチェックとケアを行っています。糖尿病のある患者さんに対しては「糖尿病療養指導師」と一緒にチェックを行っています。爪を切ったり、足を洗ったり、乾燥に対して保湿剤を塗布するといったケアも行っています。
フットケア パンフレット
フットケア1  フットケア2 
フットケア3

3)透析中の運動療法

 看護師、臨床工学技士、理学療法士が補助を行いながら、ストレッチ・筋力トレーニング・エアロバイク(エルゴメータ)を利用した、透析中の運動療法を行っております。
 運動療法1
※動画再生には、WindowsMediaPlayerプラグインが必要です。 

4)透析機器と治療について

透析液供給装置
NCS-V(ニプロ株式会社)
透析液供給装置前にパイロピュアー(エンドトキシン補足フィルタ)を装着
透析液溶解装置
NPS-40(ニプロ株式会社)
RO装置(逆浸透水処理装置)
MH255C-H(日本ウォターシステム株式会社)
透析監視装置
NCU-8、NCV-1、NDF-01
 全透析監視装置にCF-609(エンドトキシン補足フィルタ)を装着
NCS-V
 NCS-V
オフラインHDF装置
オフラインHDF装置

LDLアフェレシス

 LDLアフェレシスとは、動脈硬化などに関わる血漿中の過剰なLDL(悪玉)コレステロールなどを除去し、血流の改善を図ります。
 適応疾患には、閉塞性動脈硬化症(ASO)、家族性高コレステロール血症(FH)、巣状糸球体硬化症(FGS)、全身性エリテマトーデス(SLE)があります。

 LDLアフェレシス
 LDLアフェレシス(DFサーモ)
LDLアフェレシス  LDLアフェレシス(DFサーモ)
   

その他の治療

 潰瘍性大腸炎に対する白血球除去法(LCAP)、敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)、急性腎不全に対する腎代替療法(CRRT)、腹水濾過濃縮療法など病態に応じた治療を実施しています。

CHDF  PMX-DHP療法 
CHDF PMX-DHP療法 

透析食について
 事前にお申込された方のみ、A・Bメニュー選択制の透析食を実費にて提供致しております。

 透析食

透析件数

平成28年度(人) 平成27年度(人)  平成26年度(人)  平成25年度(人)
累計 5,835 6,432 5,990  5,779

病院の概要 / 患者様へ / 診療科のご案内 / 施設案内 / トピックス / お問い合わせ